令和3年度事業計画

令和3年度事業計画

 令和2年度の我が国経済は、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に巻き込まれ、リーマン
ショックを超える深刻な打撃を被った。既にワクチン接種が開始され、早期の感染収束が期待
されるところであるが、従前のように人やモノの移動が自由になるのはいつごろか、まだまだ
不透明な状況である。

 当地域においても例外ではなく、業種業態により明暗はあるものの、押しなべて大きな痛手を
受けており、当商工会議所としても相談窓口を開設し、各種制度の周知や補助金・交付金の斡旋、
資金繰り支援などを行っており、引き続き感染防止と事業活動の両立に向け、きめ細かく支援する。

 一方、アフターコロナにおいては、人々の暮らしやビジネスは大きく変わると言われており、
既に産業界ではDXやカーボンゼロなどへの取り組みが加速している。地元企業においても、この
ような大きな流れに適応して行くことが求められており、当会議所としても地域経済の活力の回復
・向上のため、時流に即した諸施策に取り組んで参りたい。

 また働き方改革関連法や消費税インボイス制度導入への対応、デジタル化の推進など、中小企業
が直面する課題解決を支援するとともに、新規創業や円滑な事業承継を促し、減少傾向にある事業
所数の維持ならびに雇用の場の確保に繋げて行きたい。

 特に小規模事業者については、個々の企業経営に伴走する形でビジネスプランの作成や具体化、
販路開拓などへの取り組みを継続して支援し、経営構造の転換と強化改善を図る。
 さらに頻発する自然災害や感染症などの緊急事態における対処方法について、それぞれの企業に
おける実践的BCPの策定が広く求められており、支援計画に基づき今年度から具体化に向けて
策定を後押しする。

 会議所活動の根幹である部会活動については、業種・業界の発展に資するため引き続き活発な
活動を促進する。また西条市の将来像を探る「西条の将来を考える委員会」、周桑商工会との交流
を通して地域経済の活性化を図る「経済団体との交流委員会」についても継続的に活動を進める
こととしている。

 財政基盤や組織の強化については、会員数の増強や会館の適正な維持管理を図り会館の稼働率
を高めるとともに、各種共済の普及を図る。